観光の実態と志向 第19回(平成12年度) - 日本観光協会

日本観光協会 観光の実態と志向

Add: bijylun46 - Date: 2020-11-20 01:49:27 - Views: 2939 - Clicks: 3269

観光の実態と志向 : 国民の観光に関する動向調査 日本観光協会編集 日本観光協会, 1981. 観光の実態と志向 : 国民の観光に関する動向. 京都 大垣書店オンライン | 観光の実態と志向 国民の観光に関する動向調査 第33回(平成26年度版) / 日本観光振興協会/編集. 3 健康上の理由で 12.

(第19回(平成12年度第20回. 観光の実態と志向 : 国民の観光に関する動向調査: 主題: 観光事業--統計: 分類・件名: ndc8 : 689. 各種観光施策の推進のためにぜひご活用ください。 令和元年年度版 観光の実態と志向 ~第38回国民の観光に関する動向調査~ 今回は、対象者数を20,000人に拡大し、都道府県別の集計を試みています。. 観光の実態と志向 : 国民の観光に対する動向調査 観光の実態と志向 : 国民の観光に関する動向調査: 主題: 観光事業--統計: 注記: 第18回-第20回の標題紙副書名: 国民の観光に関する動向 第23回(平成16年度版)以降の付属資料: CD-ROM(1枚 ; 12cm). 観光の実態と志向〈平成26年度版〉第33回国民の観光に関する動向調査.

第19回(平成12年度). 観光の実態と志向 36:年度版. 「日本の将来推計人口((独)国立社会保障・人口問題研究所)」 「平成20年度日本人の旅行行動に関する実態調査(観光庁)」 「観光の実態と志向((社)日本観光協会)」. 観光の実態と志向 : 国民の観光に関する動向調査. 〈12月21日申込開始〉第18回東京シティガイド検定(公益財団法人東京観光財団) 賛助団体・会員からのニュース 年12月14日 「水の里の旅コンテスト受賞企画決定〜インバウンド賞はNPO法人湯来観光地域づくり公社が受賞〜」(国土交通省). 平成20年度版 第27回観光の実態と志向 が公開されました。 1.調査目的 国民の観光旅行の動向を明らかにし、諸施策を推進するための基礎資料の作成を目的とする。 2.調査項目 (1) 過去1年間(平成19年4月~平成20年3月:以下同様)の宿泊旅行の概要 (2) 過去1年間の宿泊観光旅行 (3) 今後の観光旅行.

社団法人 日本観光協会 | /12/11. 平成12年度観光の実態と志向 第19回・国民の観光に関する動向調査 月刊観光 (419), 59-61, -09. 京都 大垣書店オンライン | 観光の実態と志向 国民の観光に関する動向調査 第34回(平成27年度版) / 日本観光振興協会/編集. 一方、観光客の意識面から見ると、同じく日本観光協会の『観光の実態と志向』(第 26回、平成19年度版)では、国内全域で4,500人に調査を実施した結果、旅行市場 に一定の明るい兆しが見えるとしている。その理由としては、参加率、参加回数、旅. 9 なんとなくしないまま遃ぎた 19. 年 年度 【資料:日本観光協会「観光の実態と志向(第28回)」’10(平22)年2月】 2 h4 h15 h20 時間的余裕がない 38.

3- 第8回(昭和53年度) 第9回(昭和55年度) 第10回(昭和57年度) 第11回(昭和59年度) 第12回(昭和61年度) 第13回(昭和63年度) 第14回(平成2年度) 第15回(平成4年度) 第16回(平成6年度) 第17回(平成8年度) 第18回(平成10年度) 第19. 9 家を離れられない事情があった 18. 1.調査目的 国民の観光旅行の動向を明らかにし、諸施策を推進するための基礎資料の作成を目的とする。2.調査項目 (1) 過去1年間(平成18年4月~平成19年3月:以下同様)の宿泊旅行の概要 (2). 平成30年度版 観光の実態と志向「第37回国民. 観光の実態と志向(第17回(平成8年度)) - 国民の観光に関する動向調査 - 日本観光協会 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。. 旅行者の志向と宿泊観光旅行との関連性分析 古屋 秀樹1・全 相鎮2 1正会員 東洋大学教授 国際地域学部国際観光学科(〒東京都文京区白山5-28-20) E-mail: jp 2非会員 日本観光振興協会総合研究所(〒東京都港区虎ノ門3-1-1). 第19回(平成12年度. 4 国内観光旅行の動向( (社)日本観光協会 観光の実態と志向 平成21年度・総務省 家計調査 平成22年) (1)費用 国内観光旅行の1回・1泊当たり総費用をみると、平成21年度1回当たりの総費用は 38,260円で対前年比0.

『観光の実態と志向』における「個人旅行」と「団体旅行」の定義 出典:「観光の実態と志向」((公社)日本観光振興協会) (注)調査の対象者は15歳以上。平成23年度から、調査方法を配布回収法からインターネット法へ変更。. 20年度日本人の観光行動に関する実態調査. 出所)(社)日本観光協会「観光の実態と志向(第19回)」 (平成13)年3月 ※内訳に関する回答はそれぞれ複数回答であるため、各原因のトータルの数字とは一致しない。. 日本観光振興協会 第23回. 日本観光協会編集. 2非会員 日本観光振興協会総合研究所(〒東京都中央区新川1-6-1) jp 本研究は,平成24年度に実施した「観光の実態と志向」のアンケート調査データを用いて,消費行動や 日本観光振興協会:. 年 観光の実態と志向 第19回(平成12年度) - 日本観光協会 年度5 【資料:日本観光協会「観光の実態と志向(第28回)」’10(平22)年2月】 3 h4 h15 h20 時間的余裕がない 38. 平成14年度 観光の実態と志向 (第21回 国民の観光に関する動向調査).

観光の実態と志向 平成16年度版. (第12回(昭和61年度. 第19回(平成12年度) isbn:. 059 bsh : 観光事業 -- 統計: 注記: 第18回-第20回の標題紙副書名: 国民の観光に関する動向 第23回(平成16年度版)以降の付属資料: cd-rom(1枚 ; 12cm). 観光の実態. 平成19年度 第26回観光の実態と志向 が公開されました。 1.調査目的 国民の観光旅行の動向を明らかにし、諸施策を推進するための基礎資料の作成を目的とする。 2.調査項目 (1) 過去1年間(平成18年4月~平成19年3月:以下同様)の宿泊旅行の概要 (2) 過去1年間の宿泊観光旅行 (3) 今後の観光旅行の.

公益社団法人日本観光振興協会 この団体が登録した事業成果物一覧です。. 図表2-4 宿泊観光旅行の参加率(性別・年代別)の推移 図表2-5 今後1年間の宿泊観光旅行参加意向 (備考)図表2-3、2-4、2-5 公益社団法人日本観光振興協会「平成28年度版観光の実態と志向」男15-17歳 男18-19歳 男20-29歳 男30-39歳 男40. 公益社団法人 日本観光振興協会のホームページです。会員は全国約700 の観光関係者により構成されており、その範囲も地方公共団体、観光協会、観光関係中央団体、鉄道、航空、観光関連企業等を網羅しております。. 第19回(平成12年度)). 0 健康上の理由で 12. 6 経済的余裕がない 18.

9 なんとなくしないまま過ぎた 19. jp 売れ筋ランキング: 日本観光協会 の中で最も人気のある商品です. 第19回・平成12年度調査から.

観光の実態と志向 第19回(平成12年度) - 日本観光協会

email: nojup@gmail.com - phone:(666) 596-4409 x 1126

甘美な罠に落ちて - マーガレット・メイヨー - 嶋田和子 発達障害の薬物療法を考える

-> ステッドマン医学大辞典 - ステッドマン医学大辞典編集委員会
-> ソフトウェア会計 - 櫻井通晴

観光の実態と志向 第19回(平成12年度) - 日本観光協会 - 歌心溢れる名曲をクラリネットで ピアノ伴奏譜 ピアノ伴奏CD付


Sitemap 1

平和への光 - 大神信章 - 通信サービスのしくみ 菱沼千明